フィリピンの概要

マニラ

マニラの基礎

ショッピングガイド

マニラの見どころ

セブ

ボホール

ボラカイ

エルニド

バナウエ

フィリピンのエリア情報

Cebu セブ 「世界有数のリゾートアイランドセブ島」

南北に細長いセブ本島を中心とした167の島々からなるセブ州。このエリアには近代的な施設が整ったリゾートが数多く存在し、フィリピンの屈指の避暑地として知られています。中でもセブ島の中心セブ市は「Queen City of the South」の愛称で親しまれている、マニラに次ぐ第二の都市です。また、セブ島はフィリピン最古の歴史を誇り、島内にはその歴史を物語る建物や記念碑が数多く残されています。
セブ島の最も大きな特徴は透明度の際立つ海と真っ白な砂浜。特にセブ市東部のマクタン島にはホテルをはじめとするリゾート施設が充実しており、スキューバダイビングやウインドサーフィン、パラセーリングなどのマリンスポーツが楽しめます。また、島内にはゴルフ場や本格的なスパやエステサロン、カジノやレストラン、バーやカフェなどのナイトスポットも充実しています。

「セブ島の見どころ」

セブ島主要観光地の地図PDF
マゼラン・クロス(Magellan’s Cross)
キリスト教布教のためにセブ島に訪れた冒険家マゼランが、フィリピンで最初にキリスト教徒となったフマボン王と王女ファナ、そして400人の臣下が洗礼を受けた地に建てたと言われる木製の十字架、『マゼラン・クロス』。万病に効くと信じ、十字架を削り取って持ち帰る人が絶えなかったため、全壊を防ぐために 1984年に八角堂が造られ、十字架の外側も複製になりました。訪れた人々は赤い蝋燭を買ってここに灯し、願い事をします。
行きかた説明
サント・ニーニョ教会のすぐ前。正面にはセブ市庁舎City Hallがある。
マゼランのミニ知識
フェルディナンド・マゼラン=フィリピンの存在は、1521年、世界一周の航海に出たマゼランがセブに上陸したことをきっかけに西洋に広められ、歴史の表舞台に登場するようになりました。このマゼラン・クロスをはじめ、セブには多くのマゼランのゆかりの地が存在しています。
サンペドロ要塞(Fort San Pedro)
スペイン統治時代に造られた三角形をした小さな建造物で、フィリピン最古の要塞と言われています。1565年に建設が始まり、完成までに700年を要しました。入口では観光客をギターと歌で迎え入れてくれます。1階には売店がありちょっとした休憩も可能。屋上にはブーゲンビリアなどの花が美しく咲き、その横で、砦に備え付けられたいくつかの大砲が、統治時代を偲ばせています。
行きかた説明
マゼラン・クロスから徒歩10分。独立広場Plaza Independencia内。
サント・ニーニョ教会(Sto.Nino Church)
マゼラン・クロスの入る八角堂の北側にある、1565年に建てられたフィリピン最古の教会。教会の守護聖人サント・ニーニョ(幼きイエス・キリスト像)はマゼランがファナ女王に贈ったもので、人々が奇跡の守護神として崇拝しており、今も列をなすほど多くの信者が訪れています。
行きかた説明
セブ・シティの中心にある円形広場『フェンテ・オスメニア』からタクシーで約10分。
道教寺院(Taoist Temple)
セブ市の北西、ビバリーヒルズにあるこの寺院には、中国の思想家『老子』の教義が保存されており、道教の儀式が毎週水曜日と日曜日に行われています。99段の階段を上って寺院に行くと運勢を占ってもらうこともできます。
行きかた説明
フェンテ・オスメニアからタクシーで約15分。帰りの交通機関が無いので待っててもらう方が良い。
道教寺院(Taoist Temple)

topへ戻る