フィリピンの概要

日本からフィリピンへ

出入国情報

言 語

気候と服装

通貨とチップ

電話のかけ方

国内交通ガイド

歴史と文化

フィリピン歳事記

フィリピン・フード

フィリピンへ行こう

旅行会社

航空会社

空 港

公的機関

フィリピンの情報

観光ガイド

フィエスタ/お祭り情報

hilot ヒロット

留学

ロングステイ

パナウエ

モデルプラン

エルニド

フィリピンの基本情報

日常空間に近いところ それがロングステイ

ロングステイとは

ロングステイ財団によると、ロングステイとは移住や永住ではなく日本への帰国を前提とする「海外滞在」で、2週間以上の比較的長期にわたる滞在の事を指します。滞在先は短期旅行者向けの宿泊施設ではなく、生活に必要な設備が整った、宿泊施設または適切な住まいを保有または賃借。

海外でより豊かな時間を過ごし、語学研修・各種文化活動への参加・ボランティア活動など、現地の人々との交流などの余暇活動を行うことが主な目的とされています。海外における「日常的空間」又は「日常空間に近いところ」での体験をするのがロングステイなのです。

なぜフィリピン?

ロングステイ希望国の最新のランキングで、フィリピンは7位にランクインしました。なぜロングステイ先としてフィリピンがc注目されているのでしょうか。フィリピンがロングステイ先として魅力的なのには4つのポイントがあります。それは「距離」、「気候」、「現地の人々」、「言語」そして「物価」です。

フィリピンは日本から約3時間半で行けてしまう距離。気軽に日本とフィリピンを行き来できる距離です。時差も1時間しかありません。また、フィリピンは年間通じて暖かく、平均26〜27℃と過ごしやすいため、服装は日本の夏服で大丈夫。とても体にやさしい気候です。 そして、現地に着いて先ず気づくのがフレンドリーな笑顔で迎えてくれるフィリピンの人々でしょう。フィリピンのひとは、「フィリピン・ホスピタリティ」という表現があるように、とにかく明るく、やさしい人たちばかりです。ロングステイを気持ちよくしてくれるのも、彼らが温かく受け入れてくれるからこそ。

また、一番不安な言語に関しても、フィリピンの公用語は英語なので、万が一なにかあった場合も、安心です。片言の英語でもフィリピンのひとたちは必死で理解しようと努力をしてくれますので、会話は通じます。これもロングステイの不安を解消してくれる重要なポイントです。そして、最後に物価です。何よりフィリピンは物価が安い!日本の約3分の1から5分の1程度なので、買い物やグルメ、ゴルフ、エステなどを目一杯楽しんでもお財布にとてもやさしいのがうれしい! フィリピンでは美容、健康、そして語学など、あらゆる面での自分磨きが低価格で可能なのです。

なぜフィリピン?

なぜフィリピン?

ロングステイの楽しみ方

ロングステイの楽しみ方

ロングステイの楽しみ方

ロングステイに興味があっても、現地でどういう過ごし方をすればいいのかわからない、という方も多いと思います。フィリピンではあらゆるアクティビティが可能です。ロングステイを通して、旅行ではできないような体験をしてみてはいかがでしょうか。スポーツであれば、ゴルフ、マリンスポーツを堪能したり、フィリピン料理教室に通ったり、豊かな自然の写真を撮ったり、と趣味を思う存分楽しむのもいいでしょう。

せっかくのロングステイだから現地の人と交流したい、現地に貢献したい、という方はボランティア活動に参加してみてはいかがでしょうか。フィリピンでは貧しい子供たちや家庭への支援から、学校で日本文化を紹介する国際交流まで、幅広い活動が可能です。また、最近注目を浴びてきている英語留学もフィリピンであれば、欧米に比べ、1/3の価格でマンツーマンの授業が受けられます。ロングステイを利用して、スキルアップするのもおすすめの過ごし方です。セブ島には英語学校がたくさん点在しているので、自分にあった学校を選び、英語生活にどっぷり浸かることもおすすめの過ごし方です。学生生活を楽しみながら、英語力を磨き、将来別の地でロングステイを楽しんでみる、なんていうことも夢ではありません。

現在日本国内ではあらゆるロングステイセミナーが開催されています。また、最近ではインターネットでロングステイの体験記なども多く見られます。是非ともセミナーに足を運んだり、ネットに掲載されている様々な情報を見たりし、ロングステイをご検討されてみてはいかがでしょうか。 日本からも近く、1年中暖かくて自然豊かな国、フィリピン。物価も安く、現地の人たちが明るくフレンドリーな笑顔で迎えてくれるフィリピンはロングステイをするにはとても魅力的は国です。治安の良い場所を住居に選べば、あとは現地で癒しの時間を過ごしたり、英語の勉強や趣味の為に時間を費やしたり、充実した日々を送るのみ。充実したロングステイを楽しんでみてください。

ロングステイについての詳しい情報はこちら


財団法人ロングステイ財団

財団法人ロングステイ財団 URL:http://www.longstay.or.jp

topへ戻る